夏の思い出パート2: KAGAYAKING(輝き王) KAGAYAKI SNOWBOARD
facebook-kagayaking-thumbnail2.jpg

2007年09月05日

夏の思い出パート2

若きころサーフィンをやったことがあった。

まだ夏が好きだったころ、自分の中で夢があった。

日焼けで真っ黒になること。

物凄く色白な自分にとっては当時は憧れでした。

何度チャレンジしてもまっ赤になるだけふらふら

サーフィンやっていれば塩で海焼けするはず!
と思い日焼けクリーム強力用を塗り捲り。

終わった頃には両面焼きコンロで焼いたかのような黒色?に!

一緒に行った連れは真っ赤になって痛がっていた。

こんなに焼けたのは生まれて初めてなので有頂天わーい(嬉しい顔)
いい一日だった。

そして次の日

目が覚めたがなんだかだるい、体に力が入らない。
そして異常なほど体が熱い。

動けない体を必死に動かしてクーラーのリモコンで
スイッチON!

冷たい風が体に当たった瞬間!!


ぎゃぁぁぁぁぁ!!



070905_183447.JPG


痛い!!針で刺されたような痛さが全身を駆け巡る。

しかも体が熱いのが寒いのかわからない。

これは明らかに変だ!?
起きようとしたら、体が動かない。

無理して動かしたら痛い。関節が曲がらない。

洗面所にいって自分の姿を見て驚いた。

異常なほどの真っ赤である。それも皮膚がただれている。

皮膚が縮んでしまったので関節がおり曲がってしまった状態で
病院に。

結果は全身低温火傷 

体温の温度調整が出来なくなっているもうやだ〜(悲しい顔)

全身に包帯巻かれた。

070905_201511.JPG

外回りの営業で車の運転も手が伸びないので前ががみでハンドル
もたれ運転。

仕事先でもすみません、事情がありまして
招き猫みたいな格好になっていまして・・・


070905_183502.JPG

トホホ状態が約2週間続きました。。がく〜(落胆した顔)

それ以来、二度と焼くことはなく夏が嫌いになりました。

しばらくして飲み会があったとき
体の異変に気付く。

お酒で酔ったら顔が真っ赤になるより先に
タンクトップの跡が真っ赤に浮き出てくるようになった。

これを見るたびあの夏のことを思い出す。

070905_183518.JPG


 一日ワンクリックであなたが輝きます! 
ぴかぴか(新しい)banner_03[1].gifぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)





posted by 輝き代表 at 20:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーっ!とても痛々しそうな武勇伝を持ってますネ。
考えただけでも恐ろしい。
えーっと、それは顔黒って言われる人たちが全盛期の話ではないですよね?
酒を飲むと古傷が痛む・・・は、何となく聞いたことありますが、酒を飲むと古傷が浮かび上がってくる!というのは初めて聞きました。
若気のいたり?で言うと、おっさんも1日で何キロ滑走できるかお馬鹿な挑戦した事があります。
3キロくらいのコースを朝一から営業時間終了まで、昼飯の時間も惜しみひたすらチョッカリに近い状態で滑走。次の日・・・トレーニングなんてやってないおっさんは今までに経験した事が無いような筋肉痛に見舞われ、本当に起き上がることが出来ませんでした。朝目が覚めて寝たきりになったか?と錯覚する位・・・今だその筋肉痛を越える筋肉痛は経験しておりません。
またちょこっと笑える武勇伝があれば掲載してください。楽しみにしております。
ところで、KAGAYAKIさんって絵が抜群に上手ですね。では。
Posted by パンプ・ピー at 2007年09月06日 16:28
お疲れ様です。
今日は暑い駐車場でスノーボードの事や、グライドライダーの話を聞かせていただいてありがとうございました。Yさんモデル出来るといいですね。
今日、話したとおり、私はすでに08ー09の板まで決めております。今シーズン輝き代表に板の感想を聞きたいです。
常滑の友達が一度代表と一緒に室内滑りたがってます。
Posted by よっしー at 2007年09月08日 19:06
パンプ・ピーさん
コメント遅くなりました。
パンプ・ピーさんの武勇伝凄いですね。
さすがにそれは僕には出来ません。

僕は絵は上手くないですよ。
ただ絵を書くのが好きなだけです。

よっしーさん

来シーズンまで決めすぎですよ。
もしかしたらいいボード
出るかもしれませんよ。

NEWボード乗る予定は雪降ってからですね?
またお知らせします。

Posted by at 2007年09月08日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック